お役立ちコラム

検索

ワンズの夏の過ごし方



急に真夏の暑さになったかと思えば、10度以上も気温が下がる日があったり… 皆様ワンちゃん共にお元気でお過ごしでしょうか?

人と同じくワンちゃんの熱中症も年々増加しています。 ワンちゃんも急激に体温が上がり、吐き気や目眩、震えや意識障害が出ます。 人よりもワンコの方が我慢強く、突然震えて倒れてしまうこともあります。

特に気を付けて頂きたいのは、子犬、老犬、持病のある子などですが、若くて元気な子でも、外の気温が下がり切らないうちにお散歩に出たり、或いは激しい運動などをすると、突然倒れたりする事があります。

では、対策としてはどうしたらよいでしょう?

  1. お散歩は気温が上がっていない早朝や、地面の温度が十分に下がった夜にしましょう。

  2. エアコンの温度を下げすぎないように気を付けて下さい。27度~28度の設定が良いでしょう。(お使いのエアコンにより異なるかもしれません)

  3. オーナー様が外出される際、エアコンを点けてお出掛けになると思いますが、毎年ある事故は、外出中にエアコンが止まってしまい、ワンちゃんが熱中症になり、亡くなる例もあります。外出の際は防犯に注意して、開けておける窓を少し開けて、換気扇を回しておくなどの対策をして下さい。

  4. 水分補給をしっかりしましょう。 水分不足から脱水症状になります。水分不足は血液をドロドロにして、血栓ができ易くなるので、意識的に補給をしましょう。(血栓ができると、脳溢血などの原因になります) 水だけだと飲まない事もあるので、水にヨーグルトを入れたり、肉の茹で汁などを用意しておくと良いと思います。

  5. 日頃からの健康管理も大切です。栄養のバランスに気を付けて、食べ過ぎにも気を付けて下さい。夏は冬の食事よりも2割ほど減らして与えるようにしましょう。

  6. 体を冷やす物をとして、アイスノンなどをご利用になる方もいらっしゃると思いますが、ワンコがかじって中身を口にしてしまうと大変危険です。ペットボトルに水を入れて凍らせた物にタオルを巻いて、ハウスに入れてあげるようにするのが良いでしょう。

暑い夏、上手に健康管理をし、事故に十分に注意して楽しくお過ごし下さい。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

今年もあとわずかになりました

台風や大雨の被害にあわれた皆様、すべての動物たちが、少しでも早く日常をとりもどせますように、こことよりお祈り申しあげます。 11月に入り、一気に冬のような寒さの朝晩ですが、皆様、ワンニャン共に、おかわりなくお過ごしでしょうか? 10月、皆様にお知らせさせていただきました、ペットライフサポートカンバニー・保護犬部 「動物との共生を考える会」にご寄付を賜り、ありがとうございました。 会計報告は、ペット

ワンちゃんのことならお気軽にご相談ください 

カウンセリング  // しつけ  //トレーニング // 一時預かり  // 健康管理  // 各種セミナー 

ご利用になるには

© 2019 PET LIFE SUPPORT COMPANY All Right Reserved.

会員登録が必要です。
  • Facebook Clean
  • ホワイトInstagramのアイコン